2008年07月31日

エンジニアによる

pro/engineerのソフトウェアの集めてなる製造技術の鋳型cad/cae/camの系統的な集めてなる肝心な点はcad、cae、camで単一の図形のデータベース、を創立するので、各ユニットの間はデータのが自ら順次伝えて変えることを実現して、cam、 を使用しますcaeは段階完全にcad段階の3次元の図形を吸収して、中間のモデリングの時間と誤差を減らします;コンピュータに助けを借りて鋳型の性能、鋳型の構造、加工の精度、金属の液体の鋳型の中の移動の情況と鋳型の仕事の過程の中の温度の分布情況などに対して行って繰り返し改正して最適化して、問題を正式の生産の前に発見して、大いに短縮して鋳型の時間をつくって、鋳型の加工の精度を高めます。pro/engineer ソフトウェアはオブジェクト指向の統一のデータベースとパラメーターを採用して造型の技術が溶けて、概念の設計、基礎の設計と詳しい設計の機能を備えます ,鋳型の集めてなる製造のために優良なプラットフォームを提供しました。ro/engineerの並行する工事の技術が鋳型の中で鋳型を使用するのは向かって単式の生産様式を決めるので、単に性の生産に属して、製造の過程は複雑で、納品時間が短いことを求めます。もしユニットの技術を利用してcad、cam鋳型を造るならば、精度を造るのは、周期が低いです長くて、上述の難題を解決するため、私達は並行する工事の技術は鋳型の製造の過程の中に取り入れます。いわゆる並行する工事は技師を設計して製品の3次元の部品の設計を行う時鋳型の成型技術は、鋳型の寿命の要素に影響することを考慮するので、そして校正、検査を行って、前もって設計プロセスの誤りを発見します。一応製品の3次元の模型を確立した後で、設計は、分析の部門の数名の技師に同時に鋳型の構造設計、工事の詳細図の設計、鋳型の性能を行って分析とデジタル制御装置に命令のプログラミングすることを加工するように協力するように造って協力して、その上すべての技師は製品のした改正に対して自らその他の技師まで(へ)反映することができて、大いに設計、デジタル制御のプログラミングする時間を短縮します。実際的な生産過程の中で、pro/engineerソフトウェアを使用して、もとは私達は鋳型の構造設計→鋳型型なまり、型の芯の2次元の設計→技術は→鋳型型なまり、型の芯が3次元の造型→デジタル制御を設計して命令のプログラミングする→デジタル制御の加工の直列の技術のルートを加工して変えて異なっている技師から同時に設計、技術の用意する並行するルートを行うことを用意して、鋳型の製造の精度を高めるだけではなくて、その上設計、デジタル制御を短縮して時間にプログラミングして達することができます 40%以上。
並行する工事の肝心な点を実施して部品の3次元の図形のデータの共有を実現して、すべての技師に使わせる図形のデータは絶対に同じで、そしてすべての技師にさせた改正は自らその他の関連技師まで(へ)反映して、データの唯一性と信頼度を保証します。pro/engineerソフトウェアの持つ単一のデータベース、パラメーターは並行する工事が信頼できる技術の保証を提供したことためを実現します実体の特徴の造型の技術が溶けます。pro/engineer ソフトウェアの使う技巧 創立して自分の運行環境に適します ;になります pro/engineer ソフトウェアの中で創立しますを通じて(通って)適当でした config.pro ファイル、創立することができるのは標準的でした pro/engineer ソフトウェアの運行環境と非常の個性化の運行環境、高まります効率を使って、特に合理的な使用 mapkey ,命令を創立して減らしてメニューの時間を選ぶことができることを組み合わせます。もし部品に色を塗るならば( shade ),になるのでさえすれ(あれ)ば config.pro ファイルの中で参加します mapkey $ f4#view ; #view ;  #cosmetic ; #shade ; #display ; #done-return ;押します f4 芻は色を塗る命令を完成することができて、減らしてメニューの時間を選んで、高まって効率を使います。それから類推して任意の命令の組合せを完成することができます。注意: pro/e/text ディレクトリの下 config.pro スタートしています pro/e 自ら転職して、全体の運行環境を全般的に管理して、働くディレクトリの下 nfig.pro ただ当ディレクトリだけに対して。標準的な部品の倉庫の利用を創立します pro/engineer ソフトウェアのパラメーターは機能あるいは命令のプログラミング技術が溶けて、当部門の常用する標準的な部品の倉庫を創立して、繰り返しモデリングの時間を減らして、設計の効率を高めます。精度の(の accuracy に注意します)設置はの模型設計の時に発生の様々な問題は精度を高めます(を通じて(通って)1つのより小さい accuracy ことができますに数値)は解決に来ます。実体のモデリングの時に多少あります geom check の特徴も精度を高めますを通じて(通って)解決に来ることができます。しかし精度はもっと高くて、regeneration 部品の時間の会越は長いです。面取りの技巧@は面取りして型の傾斜度の完成を抜いた後でやっと行うべきで、先にもし面取りを完成するならば、その後面取りする関連の曲面と完成して鋳型の傾斜度の設計を抜くことができないかもしれません。Aはいくつかの実体の面取りを行う時、面取りの顔はスクリーンで表示することができて、しかし面取りを完成することができなくて、この時 attachment type のオプションの中で選びます make surface  面取りの曲面を生むことができて、面取りの曲面を生んで互いに合いますそして( merge ), 合併を使った後に生む曲面は(の cut を切りますout )実体は必要な実体を形成することができます。注意 geom check の注意、造型の段階でできるだけ取り除くべきであります geom check の特徴、さもなくば模型設計と加工の時問題があるかもしれません。合理的に曲面の実体の混合の造型の技術の一部の造型を使うのがと単一の実体の特徴の完成を使うことができないので、曲面の造型の技術を使って関連造型を完成することができて、使いますにあります protrusion 中の use quit 命令は曲面を回転して実体に替えて、あるいは使います cut 中の use quit 命令は実体の中で曲面の形を切ります。模型設計@は使って型の傾斜度の検査(の info を抜きます→ srf analysis → draft check )機能は鋳型を検査してボタンをあって倒すことができます。もしAが創立して型の顔を分ける時実用的な実体の表面を要するならば、できるだけするべきです copy → suef&bnd ,一回必要な曲面を完成して、いいえ 使います copy → indiv surfs の方式は曲面をコピーして、更に曲面を(の merge に合併します)必要の曲面の方式になります。
エンジニア 転職
転職サイト情報
営業日進月歩
営業
不動産
不動産 転職
ラベル:エンジニア
posted by できるもん at 10:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。